次世代暗号に向けたセキュリティ危殆化回避数理モデリング

研究題目:
次世代高機能暗号の構成と安全性評価

主なメンバー
高木 剛 東京大学大学院情報理工学系研究科 教授 個人HP
藤澤 克樹 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 教授 個人HP
安田 雅哉 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 准教授 個人HP
脇 隼人 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 准教授 個人HP
橋本 康史 琉球大学理学部 准教授 個人HP
縫田 光司 東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授 個人HP
高安 敦 東京大学大学院情報理工学系研究科 助教 個人HP
池松 泰彦 東京大学大学院情報理工学系研究科 特任研究員 個人HP

研究概要

数学問題による暗号構成・安全性評価を目的として、量子計算機に対して耐性のある数学問題を利用した次世代暗号の構成と安全性の解析を行います。格子基底最短ベクトル問題(SVP)、有限体上の多変数2次方程式の求解問題(MQ問 題)などの数学基礎問題に対する効率的な解読アルゴリズムを研究します。また、 厳密な攻撃者モデルを考察するために、暗号で利用される基本的な数学問題の大 規模な解読実験を行う予定です。更には、次世代高機能暗号を実社会環境下での利用を可能とするため、ポスト量子暗号をソフトウェア実装により処理性能を評価を行います。