次世代暗号に向けたセキュリティ危殆化回避数理モデリング

研究題目:
数学オブジェクトと帰着マッピングの数理モデル

主なメンバー
田中 圭介 東京工業大学情報理工学院 教授 個人HP
梅原 雅顕 東京工業大学情報理工学院 教授 個人HP
小島 定吉 東京工業大学情報理工学院 教授 個人HP
寺嶋 郁二 東京工業大学情報理工学院 准教授  
西畑 伸也 東京工業大学情報理工学院 教授 個人HP
三浦 英之 東京工業大学情報理工学院 准教授  
石井 将大 東京工業大学学術国際情報センター 助教 個人HP

研究実施項目・概要

典型的な暗号プロトコルである公開鍵暗号や、暗号理論分野で重要な役割を果た している落とし戸付き一方向性関数などの構成において、実際に用いることので きる数学的オブジェクトを探求します。ここでは、今まで用いることに成功して いない高度な数学的要素を含むものについても考察します。さらに、暗号方式の 安全性を示すために用いられる典型的な証明手法である確率的多項式時間帰着に ついても、高度な数学を用いることにより、より現実的な状況を加味した手法の 開発を目指します。